プロフィール

Koba atsu

Author:Koba atsu
都心で活動しているチェスプレイヤー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

QRコード

QR
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Japan Open 棋譜解説 (Ruy Berlin Ending)

Japan openの7R、将棋の羽生名人との試合でトップレベルでよく指されるBerlin Endingを指したのでその解説(長いので以下追記)


まずBerlin Endingとは…
1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 Nf6 4. O-O Nxe4 5. d4 Nd6 6. Bxc6 dxc6 7. dxe5 Nf5
8. Qxd8+ Kxd8
Berlin.png

オープンゲームの白のメインレパートリーであるRuy Lopezに対して3...Nf6としたものをBerlinといい白がアドヴァンテージを求めてメインラインを指すと上記のBerlin Endingに突入します。

黒側から見たBerlin Endingの特徴について簡潔に書くと
欠点
・白のほうがポーンストラクチャーが良く、ポーンエンディングでは白が勝ちやすい(黒がクイーンサイドでダブルポーンであるのにキングサイドが4:3)
・黒キングはセンターでキャスリングの権力を失っていてピースの展開が遅い
・ビショップが活躍しやすいポジションではないため、黒のダブルビショップは飾り
・ドローラインもあるため下相手に使いにくい
・他のオープニングへの応用性が低く学べる事は少ない
・チェス中上級者向けのオープニング

利点
・クイーンがないのでキングがセンターでもそこまで問題なく、また激しいタクティクスが発生しにくいため負けにくい
・白の黒マスビショップはe5のポーンに邪魔され動きにくいのに対し、黒の白マスビショップは白のカウンターパートがいないため強力
・ある程度駒交換し展開を追いつかせることができれば、ピースの効きの差から勝ちも狙いにいける
・試合解説中で説明する、やらなきゃいけないタスクを一つ一つこなすだけで簡単に指せ、勉強量・時間が他のオープニングに比べて少なく済み、エンディングのためラインも少なく習得が容易

この度の羽生さんとの試合では下図の自分がBerlinに興味を持つきっかけになった、10…h5!(他と比べて一番右の平均レートが圧倒的に高い)を指したのでそのラインを中心に解説します
Screenshot_2015-10-30-20-05-12.png


試合解説



・黒のタスクと勝ちパターン一覧(☆:重要度)
タスク:黒マスビショップはナイト(orビショップ)と交換 ☆☆☆
タスク:黒ルークは一組だけ交換 ☆☆☆
タスク:白マスビショップは強力なので有効に使う ☆☆☆
タスク:ナイトはBe7-Nh4などから交換しにいく ☆
タスク:e6をしっかり押さえる ☆☆☆
タスク:g4を突かせない (h5-h4) ☆☆☆
タスク:ルークリフトからルークを使う ☆☆  
タスク:b3にはb6でok ☆
タスク:c5はc3のナイトがどいてから突く ☆
勝ちパターン:ポーンの突き捨てからクイーンサイドにルークを回して攻める ☆☆☆
勝ちパターン:ポーンストラクチャーをd4のマスでのナイトやルーク交換で改善 ☆☆
勝ちパターン:Rg8-g5からのキングサイドカウンターが決まる ☆☆
勝ちパターン:突きすぎたキングサイドのポーンが落ちる ☆

上さえ理解しておけばだいぶ指せるようになると思います。(今後他のタスクを思い出したら随時追加します)

さらに詳しく知りたい方は、Berlinの専門書
The Berlin Wall (Quality Chess) 2008年に出された本、若干(だいぶ)読みにくくラインも古いが必要な概念(タスク)についてはよく書いてある
Amazon
Chess&Bridge
New in Chess


The Berlin Defence (Chess stars) 2012年に出された本、読みやすく、10...h5などの最新ラインが載っていてお勧め
Chess&Bridge
New in Chess

自分は Berlin Wall をざっと読み概念理解して、 Berlin Defenceでラインを学ぶ形で数日勉強した後、前日のプレパレーションでしっかり復習するくらいの勉強量でそれなりに指せるようになったので、このブログを見たのを機に皆さんもBerlinをレパートリーに取り入れてはどうでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。