プロフィール

Koba atsu

Author:Koba atsu
都心で活動しているチェスプレイヤー

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

新潟国際親善チェス大会

7月12日(土)に新潟で第10回新潟国際親善チェス大会が開かれました。
今回私は日本の若手代表として、中国から招かれたGM 2人を含む4名のゲストととの日中対抗戦に参加しました。
当日の様子や写真については小島さんのブログ川中さんのブログのほうで詳しく載っているので、私のほうではマスター達4名との試合解説に専念します。

1R WGMのWang Jueさんとの試合、オープニングはKID対策の研究通りに進みま、序盤中盤と主導権を握っていたのですが、決定打を与えない黒の指しまわし、またお互い時間切迫となった際の相手の読みの正確さに結局は敵いませんでしたが、勝負に行っての負けで後悔のない楽しいゲームでした。



2R GMのLu Shangleiさんとの試合、オープニングは近頃良く調べていて後日アップ予定のTaimanovの研究通り進みましたが、ミドルゲームに入った直後に力強い攻めを決められました。


3R IMのShen Yangさんとの試合、オープニングはQIDのNimzowitsch Variation、黒があまり面白くないメインラインからの外しを指し、白は弱点を作ることなく主導権を握ったまま指せたのですが、勝ちにいく方法が分からずドロー。


4R GMのWen Yangさんとの試合、オープニングはこれまたKoba's Labで紹介しているLeningradが成功したもののその後のピースの使い方が甘く、一気に形勢をひっくり返されそのまま潰されてしまいました。


今回の試合では4試合とも自分の課題が見つかったいい試合で本当に勉強になりました!このような素晴らしいイベントに日本の若手代表として呼んで頂き本当に感謝しています、また地方の参加者の皆さんとも色々交流できとても楽しかったです!
この場を借りて、新潟チェスクラブの役員会長の相澤様、副会長の富樫様、事務局の斎藤様、また代表選手のとりまとめに尽力して下さったピノー様、大会のアビターなどを務めた運営の方々、またその他大勢の参加者にこの場を借りてお礼申し上げたいと思います、この度は本当にありがとうございました!
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。