プロフィール

Koba atsu

Author:Koba atsu
都心で活動しているチェスプレイヤー

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Italian Volume3 ”ピースの展開”

Italian Volume3からようやく本格的な内容に入ってきます。
今回のVolume3ではマイナーピースの使い方を説明していきます。

1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bc4 Bc5 4.c3 Nf6 5.d3 d6 6.0-0 0-0

vflvvflsblv.png
(ここでd6と指しましたが黒のd6を入れないd5の突きは後のVolume“Odds and Rare moves”内で詳しく書きます。)

~Point~
上の局面でも白はセンターの支配を目指してピースを展開する!

7.Bb3! ビショップをより安全な位置に置きd4の突きの後のd5のカウンターを無くします。
ここで黒もd4を突かれた際にc5にビショップが残ったままだと取るか逃げるかのアクションをしなければならず、手を抜くことができないので先に引いておきたいのですが、b6のマスに引くと…

fkfgrfrufgf.png

とナイトの展開を助けながらアタックされるのは面白くないので、
7…a6! と指しa7にまでビショップを引かせるのがいい手です。
8.Nbd2 Ba7

jslvbvsvjlsv.png

Q.ここで白はd4を突きたいのですが、d2のナイトがd4のポーンの守りを薄めているためまだ突けません。ではd2のナイトをどこに持っていくのがベストでしょう?

~Point~
センターだけでなくキングサイドの攻撃も視野に入れる!

一般的に一つのところを狙っているだけでは相手も守りやすく、攻め落とせないためセンターだけでなくキングサイドにも手を加えていくことを考えます。
ここで注目すべき点が白にとってf5、黒にとってf4のマスの地点がナイトにとってのアウトポストになっているという点です!
(アウトポスト:攻めの前哨地点となるキーのマス)

rj;ggpjh

つまり上図のようにナイトがfのアウトポストに残ると全てのピースが相手のキングサイドに向かう形になり、またそのナイトをg6で追い払う形だとキングサイドを弱めてしまうところがポイントです。

ではf5のマスを狙うことを考えて逆算するとe3おg3の マスから狙うのがよくその前はg3にいくにはRe1-Nf1-Ng3の三手、e3に行くにはc4-e3の2手で行けます。
ではe3からのほうがいいのでしょうか?

ここで重要なのがキングサイドだけでなくセンターの支配も視野に入れることで、つまりe3よりもe4のポーンをサポートすることでd4の突きを助けるg3のほうがより戦略性の高い地点ということになり、ここでは前回のVolumeで話したように黒からの速い攻めはないためじっくり時間をかけてでもg3の地点からいくのがベストでしょう。
つまりb1のナイトはd2-f1-g3と出していき、センターの支配を視野に入れながらf3のナイトと共にf3-h4などからf5のマスを狙うのが強力というわけです。
黒もそうされたらひとたまりもないため、色々と策を使うわけですがそれはまた後のVolumeで話します。

cgigdudgidg.png

また上図でナイトをf1に置きにいくときに注意しなければならないのが、Re1と指す際にf2のマスが弱まるためRe1と指す前にh3と入れ、Ng4を防ぐほうがいいでしょう。


今回はここらへんで終わりにします、次回はここまで展開していない(する必要のない!?)c1とc8のビショップについて説明します。
来週からカペルの準備のため忙しくなることもありVolume4は再来週の3/1にVolume5は3/15に更新しようと思います。

代わりに2/22は某アルバムが大量更新されます(笑)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。